2015年07月29日

集会・デモ情報 *リエル

とりいそぎ、近場の集会&行動情報を以下に貼り付けます。
知人から情報を送ってと言われたので、これは出版ユニオンからです。
行きたいと思っている人、ぜひ、一度国会前へ!
**********************
●7月30日(木)☆特別委員会開催日☆
※戦争法案反対国会前集会(連続行動第11回)
 18:30〜/衆議院第2議員会館
●7月31日(金)
「安全保障関連法案に反対する学生と学者による共同行動」
 フライヤー=http://anti-security-related-bill.jp/images/chirashi0724.pdf
 16:30 第1部開場 @砂防会館 別館1階大会議室
           http://www.sabo.or.jp/map.htm
 17:00〜17:30 第1部「学生と学者の共同集会」
 17:40〜 国会請願デモ(砂防会館〜日比谷公園)
 ・・・・・・・・・
 18:00 第2部開場 @砂防会館 別館1階大会議室
 18:10〜18:30 第2部「学生と学者と市民の共同集会」
 18:40〜 国会請願デモ(砂防会館〜日比谷公園)
 ・・・・・・・・・
 19:30〜21:30 国会正門前抗議行動<SEALDs
 安全保障関連法案に反対する学者の会
 http://anti-security-related-bill.jp/
●8月04日(火)全国一斉宣伝行動
  =都内では実行委員会主で18:00〜19:00予定<詳細は「総がかり行動」サイトで!
●8月06日(木)
秘密保護法廃止!「12.6を忘れない6日行動」(以下2件)
1,※8.6戦争法案廃案!秘密保護法廃止!国会前行動
 12:00〜13:00/衆議院第2議員会館前
 8.6院内集会―秘密保護法運用状況の国会報告と問題点―
 13:30〜15:30/衆議院第2議員会館第4会議室/資料代500円
 清水勉弁護士、海渡雄一弁護士ほか
 http://www.himituho.com/
2,映画『日本と原発』上映会
 会場 文京シビックセンター2階小ホール(後楽園駅徒歩1分)
 料金 1,000円(全席自由)
 上映 【昼の部】映画上映 13:30開場/14:00上映開始(16:20終了)
    【夜の部】トーク〈監督・河合弘之×監修・海渡雄一〉+映画上映 
          17:30開場/18:00トーク開始(18:55終了)/
          19:00上映開始(21:20終了)
 主催 「日本と原発」8・6文京上映実行委員会
 事務局 文京区労協内(TEL:03-3815-1558/e-mail:bcf06005@nifty.com)
3,戦争法案反対国会前集会(連続行動第12回)
 18:30〜/衆議院第2議員会館
●8月08日(月)
 今を戦前にしないために〜戦後70年記念シンポジウム〜【日弁連】
 13:00〜16:00(12:30開場)/弁護士会館2階 講堂「クレオ」
 http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2015/150808.html
 チラシ=http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/event/data/2015/event_150808-2.pdf
●8月11日(火)全国一斉宣伝行動
  =都内では実行委員会主で18:00〜19:00予定<詳細は「総がかり行動」サイトで!
●8月13日(木)
※戦争法案反対国会前集会(連続行動第13回)
 18:30〜/衆議院第2議員会館
●8月18日(火)全国一斉宣伝行動
  =都内では実行委員会主で18:00〜19:00予定<詳細は「総がかり行動」サイトで!
●8月20日(木)
※戦争法案反対国会前集会(連続行動第14回)
 18:30〜/衆議院第2議員会館
●8月25日(火)全国一斉宣伝行動
  =都内では実行委員会主で18:00〜19:00予定<詳細は「総がかり行動」サイトで!
●8月26日(水)
※安保法制等の法案に反対する日比谷野音大集会&パレード【日弁連】
 【集会】18:00〜19:00【パレード】19:15〜/日比谷野音
 http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2015/150826.html
●8月27日(木)
※戦争法案反対国会前集会(連続行動第15回)
 18:30〜/衆議院第2議員会館
●8月30日(日)【超重要!】
※とめよう! 戦争法案 集ろう!国会へ 8.30国会包囲行動
  〜10万人規模の参加で国会を取り囲みます! 今から予定しておいてください!!
    そして、ぜひ「誰か」を誘って参加してください!!!
 14:00〜15:30/国会議事堂周辺
【呼びかけ参考】8月30日(日)は10万人で国会包囲を!!(総がかり行動)
==============================
▼参加の前に、最新情報をWEBでご確認下さい。
 http://sogakari.com/
==============================
posted by リエル&シーラ at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

途切れずにやること *リエル

みなさん、元気ですか? 暑いですね。
いろいろなことにめげてはいませんか?
めげそうになってはいませんか?
15日梅田で行われた 戦争法案反対で演壇に立って話された女子学生(シールーズ)のアピール動画が流れてきました。
よかったらご覧ください。
  https://www.facebook.com/katsunori.matsushita/videos/873955002685296/

 有り難いことに早速何方かがテープ起こしして下さいました。(以下は原稿です)
  
 * * * * * * * * * *

 こんばんは。今日、私、本当に腹が立ってここに来ました。
 国民の可半数が反対してるなかでこれを無理矢理通したという事実はまぎれもなく独裁です。
 だけど私今この景色に本当に希望を感じています。大阪駅がこんな人で埋め尽くされてるのを見るの私初めてです。
 この国が独裁を許すのか、民主主義を守りぬくのかは、今私たちの声にかかっています。
 先日安倍首相はインターネット番組のなかでこういう例を挙げていました。
 「ケンカが強くていつも自分を守ってくれている友達の麻生君がいきなり不良に殴り掛かられた時には一緒に反撃するのはあたりまえですよね」って。ぞっとしました。
 この例えをもちいるのであれば、この話の続きはこうなるでしょう。友達が殴りかかられたからと一緒に不良に反撃をすれば不良はもっと多くの仲間をつれて攻撃してくるでしょう。そして暴力の連鎖が生まれ不必要に周りを巻き込み関係のない人まで命を落とすことになります。
 この例えをもちいるのであれば、正解はこうではないでしょうか。なぜ彼らが不良にならなければならなかったのか。そしてなぜ友達の麻生君に殴りかかるようなまねをしたのか。
 その背景を知りたいと公表し暴力の連鎖を防ぐために不良がうまれる社会の構造を変えること、それがこの国が果たすべき役割です。
 この法案を支持する人たち、あなたたちの言う通りテロの脅威が高まっているのは本当です。
 テロリストたちは子どもが教育を受ける権利も、女性が気高く生きる自由も、そして命さえも奪い続けています。
 しかし彼らは生まれつきテロリストだったわけではありません。なぜ彼らがテロリストになってしまったのか。その原因と責任は国際社会にもあります。
 9・11で3000人の命が奪われたからといってアメリカはその後正義の名のもとに130万人もの人の命を奪いました。残酷なのはテロリストだけではありません。
 わけの分からない例えで国民を騙し、本質をごまかそうとしても私たちは騙されないし、自分の頭でちゃんと考えて行動します。
 「日本も守ってもらってばっかりではいけないんだ」と「戦う勇気を持たなければならないんだ」と安倍さんは言っていました。
 だけど私は海外で人を殺すことを肯定する勇気なんてありません。
 かけがえのない自衛隊員の命を国防にすらならないことのために消費できるほど私は心臓が強くありません。
 私は戦争で奪った命をもとに戻すことができない。
 空爆で破壊された街を建て直す力もない。
 日本の企業がつくった武器で子どもたちが傷ついてもその子たちの未来に私は責任を追えない。
 大切な家族を奪われた悲しみを私はこれっぽっちも癒せない。
 自分が責任のとれないことをあの首相のように「私が責任をもって」とか「絶対に」とか「必ずや」とか威勢のいい言葉でごまかすことなんて出来ません。
 安倍首相、二度と戦争をしないと誓ったこの国の憲法はあなたの独裁を認めはしない。
 国民主権も基本的人権の尊重も平和主義も守れないようであれば、あなたはもはやこの国の総理大臣ではありません。
 民主主義がここにこうやって生きている限り私たちはあなたを権力の座からきひずり下ろす権利があります。力があります。
 あなたはこの夏でやめることになるし私たちは来年また戦後71年目を無事に迎えることになるでしょう。
 安倍首相、今日あなたは偉大なことを成し遂げたという誇らしい気持ちでいっぱいかもしれません。けれどそんなつかの間の喜びはこの夜国民の声によって吹き飛ばされることになります。

 きのうテレビのニュースで東京の日比谷音楽堂が戦争法案に反対する人でいっぱいになったのを見ました。足腰が弱くなったおじいさんやおばあさんが暑い中わざわざ外に出て震える声でこぶしを突き上げて戦争反対を叫んでいる姿を見ました。この70年間日本が戦 争をせずにすんだのはこういう大人たちがいたからです。ずっとこうやって闘ってきてくれた人たちがいたからです。
 そして戦争の悲惨さを知っているあの人たちがずっとそうあり続けてきたのはまぎれもなく私の、私たちのためでした。
 ここで終わらせるわけにはいかないんです。私たちは戦後を続けていくんです。武力では平和を保つ事ができなかったという歴史の反省の上にたち憲法9条という新しくてもっとも賢明な安全保障のあり方を続けていくんです。
 私はこの国が武力を持たずに平和を保つ新しい国家としてのモデルを国際社会に示し続けることを信じます。
 いつわりの政治は長くは続きません。
 そろそろここで終わりにしましょう。
 新しい時代を始めましょう。

 2015年7月15日、私は戦争法案の閣議決定に反対します。
 ありがとうございました。
posted by リエル&シーラ at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

勝てなくても負けない *リエル

連日、国会前はすごい人出です(だそうです)。
「あなたの分までがんばってくるね」と言ってでかけてくれる人が何人もいてありがたいです。
私も一昨日、日比谷野音の入り口までは行きました。
集会開催1時間前なのにもう列ができていて、入ったら出られなくなると思い、そのまま帰りました。
杖をついているので、人混みと暗闇はまだ危ないのです。押されたらもろいので。

明治近代化以来この方、ずっと闘ってきた歴史があります。
今回も人間社会の闘いに連なる闘争なのだと思います。
だから結果がどうあろうと終わりじゃない。まだまだずっと続きます。
負けずに続けましょう。

posted by リエル&シーラ at 15:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。